FXで短時間で利益を出すには、「宝探し」と思え!

「タケルの手法」は勝ちサインを探す、一種の「宝探しゲーム」

「タケルの手法」は、長時間にわたりチャートを見るためにパソコンに張り付かず、着実に稼げる、ものです。それは実に画期的な手法ですが、ここまで読んだ読者の皆さんは「具体的にはいったい何をするんだろう?」と疑問に思うはずです。

一言で言うならば、特定のパターンがチャートに出現した時に動く、ということです。その特定のパターンの中には、「勝ちやすくなるサイン」が存在しています。そのサインを見つけたらエントリーします。もしサインが発生していなければ、エントリーしません。ただ、それだけです。

チャートを見て、「サインが無いかな〜」と少し注意を向けるだけなのです。実に単純です。単純だからこそ、きわめて短時間ですますことができるのです。

サインを発見することができれば、それがそのまま利益につながるケースが多いです。慣れてくれば「宝探しゲーム」をしている感覚になってきます。そうなればあなたはもう、FXを楽しめるようになっているはずです。

 

単純にサインを探せるようになることが大切

宝探しゲームを可能にするためには、単純にサインを探せるようになってください。複雑な手続きを踏まなければサインを見つけられないようでは、初心者にはできません。私の周りには、FXについて全くの初心者で主婦の方が多かったので、簡単であることは特に重要でした。そこで私は、彼女達にもできるようにトレードを極めて単純化しました。

先に、利益を出している人のマネをしなさい、と伝えました。人のマネをすることはとても大切です。でも、利益を出している人が、我々がマネできないような難しい方法を使っていたとしたらどうでしょうか?マネするのは大変ですよね。

仮にFXで30年間も勝ち続けているFXトレーダーがいたとします。彼が「自分のFXルールを教えます」と言ったらとても嬉しいことですが、彼がやっているルールをマネできるかどうかは別の問題です。多くの場合、難しくて相当修行を積まないとマネできないのです。世の中には勝っているFXトレーダーもいますが、その手法は難しすぎて初心者が参考にすることはできません。だからこそ、勝ちトレーダーのやり方をごく単純なサイン探しへと落とし込んだ「タケルの手法」が画期的だというわけです。

 

初心者がいきなりプロにはなれない

このことをスキーに例えてみましょう。急激なこぶ斜面をウエーデルンで綺麗に滑るのはかっこいいから、みんなが真似したくなります。しかし、そんな技術はじっくりと長い間練習しないと身につきません。だから軽い気持ちで「真似してみよう」と思っても、うまくいくはずがないんです。

そんなことをしなくても、ボーゲンでゆるい斜面で滑れば初心者でも楽しく滑れます。「かっこよく滑るよりも、スキーを楽しもう」。そんな発想の転換をすれば、子どもから大人まで、性別関係なく誰でもスキーができます。

FXもスキーと同じです。FXをやるという事は、単純にお金を稼ぐための一手段でしかありません。それにもかわらず、多くの方は、こぶ斜面を滑るかの如く、かっこいいトレードをしようとします。ですがそんな事は必要ありません。地味でもいいので、スキーで気持ちよく滑るかのように、毎週のように資金を増やすことが私たちの目的です。

まずは地道に資金を増やすこと。そのためには単純に「サインを探せること」が大切なのです。そして、見つけたサインを元にルール通りトレードをやるだけでいいんです。「かっこいいトレード」ではなく「資金が増えればいい」という風に、目指すべき目標を適切に設定すれば、あなたの「FXは危険、すっからかんになる」というイメージはすっかりなくなったはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る