1回3分チャートを見てFX取引…「FXの手法」とは?

1回3分チャートを見るだけ!?前代未聞!ヤマトタケルの「FXの手法」

「『タケルの手法』とはどんな手法ですか?」と聞かれたら、私はこう答えています。

「チャートを見ないでFX取引をすることです」と。

このように言うと多くの方がとても驚きます。多くの人が「FXをやるということは、パソコンに向かってチャートにじっと見入り、長時間張り付くこと」と思っているので、「チャートを見ない」と聞いて驚くのも当然です。もう少し正確に言うと、チャートを「全く見ない」のではなく、「ほとんど見ていない」ぐらいの短い時間で済む、ということです。

たとえば、こんな具合に。

  • 通勤時間を使ってトレードする。

これなら、そもそも長時間チャートを見てパソコンの前に張り付くことなんてできません。 他にも私が薦めるエントリーの仕方には、別名「いただきます法!」という方法があります。 これは、朝昼晩の食事の直前にトレードする方法です。つまり、「いただきます」と言う前にトレードする、ということ!食事の直前はお腹がすいているので、早くご飯が食べたいですよね。そのため、チャートを見る時間は1回3分から5分と必然的に短くなります。通勤時間や食事前など、あえて短時間しか取れないときにチャートを見ることで

 

「お金に動いてもらう」ことで短時間トレードを可能に

では、なぜチャートをほとんど見ないで取引する、という行為が可能なのでしょうか?このことは、コンピュータによる自動売買を想像してもらうとわかりやすいでしょう。自分の代わりにコンピュータが売買を全部やってくれて、しかも利益が出るとしたら、もう長時間チャートの前に張り付いて睨めっこをする必要はありませんね。ただし残念ながら、実際は取引を完璧に遂行し、かつ利益を出し続ける…そんな夢のようなコンピュータは見たことがありません。そのため、多くの場合お金持ちは信用できる人を探して運用してもらったり、ファンドに依頼したりします(この場合、当然のことながら損をすることもあります)。売買を自動でやってくれるコンピュータを利用するにしろ、ファンドに依頼するにしろ、それらは、「自分以外のモノ(人間)」に頼って取引しています。

私が主張するのは、売買を自動でやってくれるコンピュータやファンドの役割を「自分」で行うことです。しかも、長時間パソコンの前に張り付くことなく、大きく損をすることもほぼありません。

この点がきわめて画期的なのです。その核心はズバリ、「お金に動いてもらうこと」です。詳しくは後述しますが、お金に動いてもらえば、私たちは時間に拘束されず、自由に過ごすことができるようになるのです。

 

普段の生活の「余分な時間」に気付こう

私の手法は1回3分程度なのに、その時間すらないと言う方がいます。本当にそうでしょうか?確かにサラリーマンで、始発電車で会社に行き、終電で帰ってくる方もいるみたいですね。その通勤車内でも仕事をしているなんて、そんなに仕事をして楽しいんでしょうか?しかし私から言わせれば、忙しいということは、普段の生活の中で余分な時間をかなり使っているということ。まずはこのことに気付いてください。

例えば、TVでニュースを見たり、新聞や雑誌などを読んでいる時間です。その時間は本当にお金を稼ぐのに必要な時間なのでしょうか?たいてい日本人は朝のニュース番組を見ていますが、単にニュース番組を流しているだけで、実際にはよく見ていないこともあります。その時間を少しだけ削って、トレードの時間にあてることは、それほどむずかしいことではありません。TVを見たり新聞・雑誌を読んだだけではなかなか利益にはなりませんが、その時間の一部をFX取引にあてれば、ダイレクトに利益になるのです。そして、人生の幅が広がっていくようになるのです。

 

トレーダーは旅行中にも子育て中にもお金を稼ぐ

参考までに、現在の私の取引スタイルについて書いてみます。

ある朝、私はパソコンを開いてチャートを見て、3分程度でポジションを持ってエントリーしました(今はもうパソコンは使いません)。その日の午前中は子供の運動会があったので、家族で子供の運動会に行きました。自宅に帰ってきてトレードの結果を見ていたら、決済され利益となっていました。つまり、朝の3分だけチャートを見てFXをやり、子供の運動会の間はお金に動いてもらい、その間にお金が利益を生んでくれたのです。イクメンパパもできるし、お金も入るし、一石二鳥です。

また、こんな事もありました。家族で旅行に行く前日の夜にエントリーしました。旅行先で自分のポジションがどうなっているかを見たところ、かなりの含み利益(まだ決済していないので仮の利益)になっていました。その後旅行から帰ってきたら、なんと決済され利益が出ていたんです!ということは、旅行に行って遊んでいる間に、利益を生み出したことになります。この時は旅行がさらに楽しく感じられました。

遊びながら利益を生む…この例のようにFXトレードができるようになると、自分の世界が一気に広がり、計り知れないメリットが生まれるのです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る