FXの5つのリスクを知り、自分でコントロールしよう

投資の「元本保証」はまずありえない!

FX、投資を始めるにあたってまず知っておきたいのは、「リスクのない投資はない」ということです。

よく元本保証をうたっている金融商品も存在しますが、これはほぼ嘘と言っていいでしょう。

投資をするということは、最初に入れた金額から減ってしまう可能性があるということと同じなのです。

とはいえ、投資は危険だからやめたほうがいいというわけではありません。

銀行に預けていても利子がつくどころか、マイナスになる現在。

投資をすることで資産が目減りする確率より増える確率のほうが高いなら、やるに越したことはありませんよね。

私がお伝えしたいのは、投資を始める場合には、

  • リスクをできるかぎり少なくして
  • 勝てる確率の高い方法で
  • 少しずつ段階を踏んで

始めましょう、ということです。

2番目と3番目は私のスクールでお伝えすることが役に立つと思いますが、今回のブログでは1番目の「リスク」についてお伝えしたいと思います。

リスクをできるかぎり少なくして投資するといっても、まずは

何がリスクなのか?どういう状態がリスクが高い or 低いのか?

ということを知らなければリスクをコントロールすることが出来ませんよね。

それでは、FXをやる上で通常よく言われる「5つのリスク」について、次の段落で紹介します。

 

絶対知っておくべき!FXの「5つのリスク」

FXの5つのリスクは大きく分けて、

  • 市場の動きが原因で発生する「価格変動リスク」「金利変動リスク」「流動性リスク」
  • 自分以外が原因で発生する「信用リスク」「システムリスク」

の二つがあります。

 

1)  価格変動リスク

価格変動リスクとは、文字通り為替の値動きが変動することで損をするリスクです。

為替は常に上がったり下がったりと波がありますが、その波があるおかげで差益が出て儲けられるのがFXです。

ですがそのメリットが裏目に出ると、予想とは逆の方向に為替が大きく動いて損をしてしまう可能性ももちろんあるわけです。

特にFXの場合、レバレッジが25倍までかけられるので、その分負けた時の損も大きく膨らんでしまいます。

膨らみすぎると、「ロスカット」と言って強制的に損切りさせられてしまうことも…。

証券会社によっては、ロスカットの前に「マージンコール」と呼ばれる警告を発してくれるところもあります。

マージンコールが出たら、追加で証拠金を入れるか決済して損を最小限に抑えましょう。

もしくは、ポジションを持つ時に、先に「いくらまで損が膨らんだらロスカットする」という自動注文を入れておくこともリスク回避に役立ちます。

 

2) 金利変動リスク

金利変動リスクとは、通貨の金利が上下するリスクです。

FXでは、ポジションを持っている二種類の通貨の金利差に応じて、差分の金額を毎日受け取る・支払うという仕組みがあります。

これを「スワップポイント」と呼び、別名「インカムゲイン」とも呼ばれます。

このスワップポイントもFXでは重要な収益源のひとつです。

もし各国の金利政策によって金利が大きく上昇・下落すると、スワップポイントに影響が出ます。

普段からニュースを見ていて「FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げが~」というような言葉を見たら、「あっ、金利に変動があるかもしれないな」と思ってもいいでしょう。

また、証券会社のHPでも各国の金利差を表にしたスワップ金利カレンダーを掲載していることが多いです。

スワップポイントが気になる方は、是非そちらでもチェックしてみてください。

 

3) 流動性リスク

流動性リスクは、買いたい時に買えない、売りたい時に売れないリスクのことです。

市場というのは、常に買いたい人と売りたい人がマッチングすることにより成り立っています。

アメリカドルやユーロのように取引量が多い(=流動性が高い)通貨なら流動性リスクは低いのですが、

南アフリカランドやトルコリラのような取引量が少ない(=流動性が低い)通貨だと、マッチングせず決済出来ない状況が発生することがあります。

対策としては、マイナーな通貨は慣れるまで手を出さない、通貨の特性をよく知ってから取引するなどが考えられます。

 

4) 信用リスク

信用リスクは、証券会社が倒産して預けたお金が戻ってこないというリスクです。

FXが始まった当初は管理がずさんだったため信用リスクも高かったのですが、2010年から、FX会社は自社資産と顧客資産を明確に分け、顧客資産を第三者の信託銀行などに預けることが義務化されました。

こうしておけば、万が一FX会社が倒産しても、銀行に預けてある顧客資産は差し押さえの対象にならないため安全に返金されます。

手数料が低いことも証券会社を選ぶ重要なポイントのひとつですが、倒産しないことは何よりも大事ではないでしょうか?

私が海外のFX会社をおすすめしない理由もここにあります。

 

5) システムリスク

システムリスクは、ネット回線が遅かったり、パソコンが固まって動かなくなるなど、システムそのものに関わるリスクのことです。

今はFXは全てインターネットでの取引ですから、システムリスクは必ず付いてきます。

具体例としては、市場に人が集まる時間帯だと回線が渋滞してしまい、注文を入れたはずなのに入れていなかったということも起こり得ます。

また、チャートがリアルタイムに画面に反映されなくて、表示されたと思ったらすでにエントリーのチャンスは終わっていたなど。

せっかくのチャンスなのに、取り逃がしたら悔しいですよね。

ケーブルテレビのインターネット回線やスマホのキャリア通信を避けるなど、最初にストレスのない環境を作っておくことは、後々ボディブローのように効いてきます!

 

リスクを知り、自分でコントロールする

最初に、FXのリスクは大きく分けて

  • 市場の動きが原因で発生する「為替変動リスク」「金利変動リスク」「流動性リスク」
  • 自分以外が原因で発生する「信用リスク」「システムリスク」

の二つとお話ししました。

前者の市場の動きが原因のリスクについては、自身のトレード方法を工夫することでリスクを下げやすい部分だと思います。

しかし、後者の自分以外の主体(証券会社やパソコンのシステムなど)の場合、自分ではどうにもならない要素が多いので、こちらはリスクは残ります。

ただし、使う証券会社をしっかり選んだり、ハイスペックのパソコンを使い高速の通信環境でトレードをするなど、できる限りのことをやってみることは出来ます。

初心者のうちはそこまで細かいことは気にしなくてもいいのですが、慣れてきたらこちらについても意識して、リスクを下げてみてはどうでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る