一発当てるorコツコツ稼ぐ?自分に合った方法で資産を増やす

あなたは一発当てる派?コツコツ稼ぐ派?

あなたは自分の資産を増やそう!と思ったらどうしますか?よくありがちなのが金を発見するという発想です。アメリカならゴールドラッシュ、日本なら徳川埋蔵金伝説ですね。このように金を発見しよう、は発想的にはありがちです。もう一つは商売をするという発想。金なら一回発見してしまえば終わりですが、商売をするのは継続的に稼ごうという方向の考え方です。

実はFXトレードを教えていても人により性格があり、その人の性格に合ったトレードをするとかなり伸びます。どちらがいいかというのはどうでもいいことで、むしろそれぞれの個性を磨くことが大切です。ただし、教室でいつも言っているのですが、個性を磨くにはまず基本のイロハを知らないとダメです!まずは個性を出さずに私が教えた通りにトレードを行ってもらいたいと思います。自分の性格に合わせて自分なりのトレード方法を確立するのはそれからです。安心してください、卒業条件はそんなに高いハードルではないですし、私は皆さんが資産を貯められるようレクチャーや情報発信など、積極的に応援していきます。このブログもその一環として行っています。

 

それぞれの特徴を知り、自分に合った方法で資産を作ろう!

金を発見したい、それは一攫千金を目指す方法のこと。金を見つけるまでに多大な投資をしてリスクを取りますが、最後には笑って大儲けするというやり方です。ここで大切なのは投資をする、という事。金を発見するためにはまずお金をかけて金のある場所を探しに出かけないと、いつまでたってもそれまでの生活と何も変わりません。じゃあその投資をする元手があるか?というと…まず、自分が掘っている間は一銭も儲けられません。儲けるには金鉱に当たらないといけませんが、いつ当たるのか、果たして本当に当たるのかすら分かりません。ということは、金鉱掘りが続けられるようお金を維持できるかが最も大切です。湯水のようにジャンジャン使っていては無くなってしまいますが、全く使わないとそもそも投資もできません。

「商売をする」を選択した場合、お客様がつくとそれまでには考えなくても良かった面倒事が出てきます。それは商売を維持しなくてはいけないということです。飲食店を例に出すと、成功しているお店にはお店のファンになったお客様がたくさんいますね。仮になじみのお客様がついてから途中でお店を辞めるとなると、そのお客様を悲しませてしまいます。ですから、商売はやり続けるという要素が出てきます。お休みはあってもいいですが、なるべく毎日お店をあけてコツコツとお金を稼いでいくことになります。

毎日コツコツやるのが苦手な方は一発当てようとするし、コツコツやるのが自分に向いている方はお店型です。私の生徒さんたちを見ると、圧倒的にコツコツ型の方が多いです。日本人はコツコツ型が大多数を占めているのではないでしょうか?「勤勉で真面目」というのが日本人のステレオタイプですから、印象とマッチしていますね。

私が教えるFXは一攫千金の要素もありますが、基本は一定のルールを守ってトレードをするコツコツ型です。本ブログでもコツコツ型を主軸に、たまに一攫千金型の要素を交えつつ書いていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る