優秀なFXトレーダーは普通の人と何が違うのか?

優秀なFXトレーダーはメンタルが強く、淡々とトレードできる

だんだんとFXに慣れてくると皆さん「もっと上手くなりたい!」と思うものです。そんな時、優秀なトレーダーと自分を比べて、どこが違うのか比較してみることはとても勉強になります。では、長年勝ち続けている優秀なトレーダーの共通点とは何でしょうか?どのような取引をしているのでしょうか?

答えはシンプルに「メンタル」です。普通の人は、ルールを守ってトレードすることなく「利益が出たからすぐに利確してしまおう」「負けているけれど、持ち直すかもしれないから損切りしないでおこう」などと、自分の感情でトレードしてしまいます。一方、連勝しているトレーダーの多くは、雰囲気や勘だけで取引することは全くないと言えるでしょう。また、彼らは常に取引し続けるわけではなく、色々な方法でFX市場を予測しながら「ここぞ!」という場面でしか取引しません。負けが多くても一回の損は小さく、勝つときには一度に大きな利幅を取る。つまり「損小利大」を徹底して守っているのです。

彼らはなぜメンタルが非常に強いのでしょうか?もしやお寺に行って滝で修行でもしてきたのでしょうか?いいえ、違います。勝ち組トレーダーは自分でマイルールを決めて、そのルールに従って取引をしています。感情を排除して自分の決めた売買ルールに基づき、機械的にトレードを繰り返しているだけなのです。

 

 

トレードの三要素「手法」「資金管理」「メンタル」

優秀なトレーダーがどんな取引をしているのか?それをより詳しく理解するために、トレードで大切な3つの要素「手法」「資金管理」「メンタル」のことをお話したいと思います。この3つが揃って初めて、安定して勝ち続けることが可能になるのです。

 

  • 手法

手法は取引に使うルールのこと。このブログでは「ルール」という言葉をよく使います。最初はどの手法がいんだろう?と悩むかもしれませんが、実はルール自体は難しくなくてもいいのです。インターネットを探すだけでもたくさんの手法が見つかりますが、試してみて自分に合ったものを使います。その時の相場の状況や資金、許容できるリスクなどに応じていくつかの手法を使い分ける人も多いです。私のスクールでは、初心者の方でも簡単に出来るように、ルールを守ってエントリーサインを探すことを宝探しにたとえています。

FXで短時間で利益を出すには、「宝探し」と思え!

  • 資金管理

資金管理は、そのままズバリお金を管理することです。資金管理という言葉はざっくりしすぎている感じがしますが、シンプルに捉えるなら「いつまでにいくら稼げるよう日々のトレード内容を管理する」ということになります。営業マンは、目標獲得件数に対して現在地との差分を取り、日々のタスクに落とし込むという作業がありますが、資金管理も同じではないでしょうか。いつまでにいくら稼ぐために、自分が許容できるリスクと得られるリターン(=リワード)を計算して、どこでエントリーするか・一回いくらまで負けてもいいか・一回の勝ちでどのくらい利幅を取るかなど、細かく取引をコントロールする…なんとも奥が深いですね。

まとめると、資金管理とは「自信を持って勝てると思えるポイントのみエントリーし、勝てるという確信度合いに応じて賭ける資金量を細かくコントロールする」ということになります。

  • メンタル

メンタルは最初にお伝えした通り、ルール通りに機械的に取引し続けることです。メンタルはみんなが壁にぶち当たるのか、他のFXブログなどを見ていると「ポジポジ病(たくさんトレードをするほど稼げると思って、ポジションを持ちたがること)」などと揶揄されていることも(苦笑)。負けやすい人のメンタル癖にはいくつかのパターンがあり、ポジポジ病の他にも損切りできない、早めに利確してしまうなどがあります。一番危険なのは、負けて感情的になってしまうこと。負けを取り戻そうと思って無謀なトレードをしてしまい、結果あえなく退場…ということにならないようにしましょうね。

 

トレーダーのタイプは「テクニカル派」?「ファンダメンタル派」?

さて、優秀なトレーダーの特徴が分かったところで、次はあなた自身の番です。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」とはあの有名な孫子の言葉ですが、更なるレベルアップのためにも、あなたのトレードの特徴を自分自身で理解しておきましょう。

FXトレーダーのタイプは「テクニカル分析派」と「ファンダメンタルズ分析派」、そしてそれらを併用する3つのタイプに大別できます。

 

  • テクニカル分析

テクニカル分析とは、チャートの動きを元にその時々の相場の動きを分析していきます。別名「チャート分析」とも呼ばれます。ローソク足の形から上がるか下がるか判断する方法は、古くから使われてきました。より詳しくテクニカル分析を行う場合は「指標(インディケーター)」と呼ばれるツールを使い、過去の値動きなどを参考にして売買のポイントを探します。証券会社によって数多くのツールが用意されていますが、移動平均線・RSI・MACD・ボリンジャーバンド・ストキャスティクスなどが有名です。

  • ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、各国の政策金利や経済指標と呼ばれる各種統計など、経済の基礎的条件の分析結果によって、その国の通貨が買いなのか売りなのかを判断する方法です。テクニカル分析と違ってチャートだけ見ていればいいわけではなく、常に対象となる通貨に影響を与える国のニュースや世界情勢について追いかける必要があります。例えば、その国の首相や大統領などの要人が発言すると通貨が上下するような場合、テクニカルではなくファンダメンタルズでの分析が有効ということになりますね。難易度は高くなりますが、情報の質をしっかりと見極められれば、あなたのトレードの根拠がより盤石になるでしょう。

 

この2つを使い分けているFXトレーダーもいれば、片方のみの人もいます。理想は2つとも身に着けることですが、プロの億トレーダーを目指す人でもない限り、そこまでストイックになる必要はないのではないでしょうか。まずは、自分の手法はどちら派なのかを理解しておくことが大切です。

 

チャートを見ない、1日10分…ヤマトタケルのトレードは?

私は世界情勢から陰謀論まで幅広く情報を取ってはいますが、私が使う手法自体はテクニカル分析派に属します。ただし、「チャートをほとんど見ない」「1日10分で行っている」という点では異端児のタイプです。そもそも「FXはチャートを見るものだ」というのが世間一般の考えなので、チャートを見ない方法があるなど通常は考えられないと思います。他ではあまり見ないこの手法を習得すれば、まさに「アルケミスト=錬金術師」になれるでしょう。あなたも早く私と同じステージまで登って来てくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る