仮想通貨やギャンブルで資産形成はできるのか?

仮想通貨は「投資」か「投機」か?

「仮想通貨バブル」という言葉が昨年からよく聞かれるようになりましたが、このブログを見ているあなたも仮想通貨には注目しているのではないでしょうか?

昨年末にはビットコインが1BTC=220万円という過去最高値をマークし、話題になりました。

そして今年に入ると一旦は1BTC=70万円を割るまで値を下げ「もはやバブルも終わりか?」と噂されましたが、最近は徐々に1BTC=100万円めがけて上昇基調にあるようです。

bitFlyer HPより(https://bitflyer.com/ja-jp/bitcoin-chart)

 

さて、そんな仮想通貨ですが、今年に入り大きなトピックスがいくつかありました。

その一つが「コインチェック事件」です。

仮想通貨取引所であるコインチェックから約580億円相当のNEM(ネム)が流出し、金融庁含め日本全国で悲喜こもごもの混乱を巻き起こしました。

中にはかなりの金額をネムにつぎ込んでいた人もいたそうで、いたたまれませんね…。

ネム財団が奪われた仮想通貨の行方を追いかけていましたが、残念ながら犯行グループは資金洗浄して換金を終えてしまったようです。

その際に日本人の水無凛さんというホワイトハッカーが活躍され、息をのむ展開に「これは映画か!?」と思いながらその動きを見ていました。

いや~、日本人の天才ホワイトハッカーとは格好良いですね!

仮想通貨の盗難としては、2014年に起こったマウントゴックス事件が有名ですが、今回はそれを上回る規模。

今回の一件は、確実に仮想通貨の歴史に名を残した事件と言えると思います。

 

この事件が巻き起こした論争は、仮想通貨のセキュリティもそうですが、「結局は仮想通貨も中央集権から脱し切れないのではないか?」という問いです。

そもそもビットコインがここまで注目されるのは、「ブロックチェーン」と呼ばれる新技術が新しい時代を作ると期待される点にあります。

詳しくは別の記事で説明しますが、ブロックチェーンは市場の参加者一人ひとりが不正取引を監視する仕組みになっているので、従来のように国や通貨発行体のような組織を必要としないと考えられています。

つまり、権力が中央に集中しない、より民主主義的な世界を生み出す技術だということが高く評価され、投資対象として注目されているのです。

しかし、今は新技術としての側面よりも値上がり益を得るための投機対象として人々の注目を集めている状態。

次々と新しい通貨が生まれ、そこにICOでお金が集まってくる。怪しい詐欺案件も多く存在します。

まだ仮想通貨は黎明期としても、これから社会インフラとして投資対象になるのか、それとも投機のまま終わるのか。

いずれにせよはっきりと分かるまではもう少し時間がかかるでしょう。

 

資産は現金か預金で保有、投資は控えめな日本人

さて、投資と投機という話から、一歩進んでみたいと思います。

日本人は世界の他の国と比較しても貯金好きの国民性です。

日本銀行が毎年出している「資金循環統計」を元に、家計の金融資産の内訳をアメリカ・ユーロと比較して見てみます。

(出典:「資金循環の日米欧比較 2017年第1四半期」http://www.boj.or.jp/statistics/sj/index.htm/)

日本は資産の51.5%を現金・預金、つまり銀行に預けたり現金でそのまま保有していますが、アメリカになるとその率は13.4%とグッと減ります。

アメリカは代わりに株式、投資信託、債務証券の比率が上がり、3つ合計すると52.4%。

一方、日本は3つ合計しても16.8%にすぎません。

私のスクールに来る方でも、「株やFXはギャンブル」と思っている人が多いので、この数字にも納得です。

 

ギャンブルは稼げるのか?

今の仮想通貨市場は、ある種投機、つまりギャンブルのようになっている感じはします。

数ヶ月の間に220万から70万まで値下がりしたように、ボラティリティが非常に大きいので、投資初心者は経験のために少し買ってみる、買ったらほったらかしにする、くらいの気軽な感覚で臨むのがいいと私は思います。

とはいえ、ギャンブルで一攫千金というのは人の心をくすぐりますよね(笑)。

ただし、プロギャンブラー、パチプロなどといった職業の皆さんは、決してギャンブルをギャンブルとしてやってはいません。

勝つスキル(確率論や心理学など)を身に着け、頭をつかって「どうやったら勝てるか?」を分析しているのです。

これはFXももちろん同じです。

むしろ、宝くじのような純粋な「ギャンブル」で儲けるのは難しいと思います。

なぜならお金を払った時点で胴元が儲かるシステムになっているからです。

ギャンブルの控除率(=胴元に支払う手数料)を調べてみると

宝くじはなんと55%!

競馬・競輪は35%、

パチンコは3%、

カジノは0.1%とのこと。

一度賭けると、この分がマイナスになってスタートするというわけです。分が悪いでしょう?

ちなみに、これを見たからといってすぐに「よし、それならカジノで一儲けだ!」なんて思わないでくださいね。

ギャンブルは一部の人を除いて、あくまでも「楽しむ」程度にとどめておくのが一番です。

 

最後に「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェットの名言をお送りします。

 

ポーカーをやり始めて20分経ってもまだ誰がカモかわからない人は、自分がカモなのだ。

 

関連記事

ページ上部へ戻る